大阪で食品サンプル会社を立ち上げた人

これ、なーんだ!?

赤く熟れたトマトのスライスに、レタス、
ジャンクな香り漂うフライドポテトに、お肉!

はい、正解!
・・・じゃなくて、それも正解だけれど、食品サンプルです。

ニセモノ(食品サンプル)だって気づいてましたか??
最近は、食品サンプルなのか本物なのか、
見分けがつかないものが多いですよね~。

ところで、昨日のGoogleロゴをご覧になりましたか?

「天丼」でG
「そば」でo
「オムレツ」でo
「お弁当」でg
「クリームソーダ」でl
「ホットケーキ」でe

文字の食品は、すべて食品サンプルだったのです!

ちなみに、この表記がされたのは、
アイスランド、スウェーデン、ポルトガル、ハンガリー、インドネシア、オーストラリア、台湾、大韓民国、日本だけだったそうですよ。

昨日は、岩崎瀧三(いわさき たきぞう)さんの生誕121年記念でした。
誰って?彼こそが、食品サンプルの事業化に成功し、

大阪に食品サンプル会社を立ち上げたパイオニアです!!
大阪市北区に「食品模型岩崎製作所」を設立し、
のちに食品サンプルのトップシェアを誇る「いわさきグループ」に成長しました。

食品サンプルの先駆者は、大阪人だったのか!
・・・と思いきや、生まれは大阪ではなく岐阜だったそうです。 笑
でも、食品サンプルの発祥の地は、大阪と言えそうですね(^^)

肌寒くなってきた、今日この頃。
最近テーラーで注目されているのが「シャツジャケット」を重宝する気候。
「シャツジャケット?なんだそりゃ!?」と思った方、
僕もその気持ちがよーく分かります(笑) 知らなかったから。
シャツの素材で作られたジャケットなんだって。

カテゴリー: 大阪でつぶやく — admin 1:53 PM