懐かしのチャールズ・ブロンソン

12月は、飲み会シーズン。
そんな訳で、僕のおなか周りがひとまわり成長する時期。笑

先日行ったちょっと早めの忘年会では、
「セブンイレブン」の名前の由来をしらない若者がいて、
おーい!と思っちゃいましたね。

セブンイレブンて、
「セブン、イレブン、イイ気分♪」なんてCMでおなじみの
あの有名なコンビニエンスストアでございます。

今でこそ24時間営業も当たり前ですが、
オープン当時は、朝の7時から夜の11時まで営業するお店ってレアだったんです。
朝早くから、夜遅くまでやっている、まさに便利なお店だったのです。
そんな画期的な営業時間をそのまま店名にしたとのこと。
何とも分かりやすい・・・。

コンビニ業界じゃなくても、わりと周知の事実だと思っていたのですが、
世代が変わってしまったのですね。

ちなみに、セブンの一号店は東京の豊洲だったとか。
ローソンの一号店は大阪でっせ!

懐かしい話ついでに、
1970年代に一世を風靡した
チャールズ・ブロンソンが、「う~ん、マンダム」と言うCM、ご存知ですか?

営業が傾きかかった当時の丹頂(現:マンダム)を救ったCM。

今見るとすごく時代を感じますが、
チャールズ・ブロンソンがウエスタンスタイルのシャツや、
青シャツをインしたスーツ姿で登場する姿は今見てもカッコイイ。

あんな日本中を揺るがすような
インパクトのあるCMを、この時代に作るのは難しいだろうな・・・

カテゴリー: オーダーシャツ, 大阪でつぶやく — admin 4:35 PM